UR都市機構・ナオステック 厚さ0.2mmの床改修用シートを共同開発

 都市再生機構とナオス・テックは、厚さ0.2mmのシートを用いた「フローリング用床張りシート施工方法」を開発した。施工音の低減、工期短縮など、様々なメリットをもたらす新工法として普及拡大を目指す。

これまでにも既存のフローリングの床の上から上張りするリフォーム工法はあったが、木材を基材とした厚さ3㎜程の薄いフローリング材を用いるリフォームが主流となっている。この場合、張り直すという工程は省略できても、「扉などの部材と干渉しあう」、「各居室の段差を揃えるために余計な工事を行う必要がある」といった手間が生じるケースもあった。

切って張るだけの簡単施工を実現

対して今回、開発したシートの厚さはわずか0.2㎜。また、凸版印刷が開発したフローリング柄が印刷されたオレフィンシートを採用することで、優れた耐久性、耐水性を付与。デザイン性、仕上がりの質感にもこだわった。「材が薄くなったことで、他の部材と干渉しあうことがなくなり、隣接する居室などとの段差を気にすることなく、必要な箇所だけ効率的にリフォームできる」(UR都市機構)。

施工の基本工程は大きく、①「下地処理」、②「シート張り」、③「仕上げ」の3ステップに分かれる。

サンドペーパーを使用して床の凹凸や小さい傷を補修。深い傷などにはパテを充填し、ペーパーで平面にする。その後、各現場に合わせてカットしたシートを既存のフローリングの上に張り、シート接着後、既存の目地に沿ってカットし、目地入れを行い、施工完了となる。床だけでなく、玄関框や階段などにも施工できる。

既存のフローリングを撤去する工程がないため、廃材を出さずに工期の短縮、低コスト化にも寄与する。

床だけでなく、階段などにも施工できる

音の出る機材を使用しないため、騒音も発生せず、リフォームにより適した工法となっている。シートが破損した場合も、そのシートのみ張り替え可能で、簡単にメンテナンスを行える。

UR都市機構は、管理する賃貸物件において改修の内容に応じて、選択肢の一つとして、同工法が適切な箇所には積極的に採用していく考え。

また、「ストック社会への転換によるリフォームの増加が見込まれる中、建設業界の職人不足にも対応した有益な工法として、広く技術提供を行い、普及拡大を図っていきたい」としている。

年末年始休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、弊社では下記の通り年末年始休業とさせていただきますので、ご案内申し上げます。

<休業期間>

2020年12月30日(水)~2021年1月4日(月)

※2021年1月5日(火)より通常業務を開始致します。

本年中のご愛顧に心より感謝申し上げますとともに

よい新年を迎えられますよう、皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

仮釘と隠し釘

VIC’s D.I.Y.

これら2種類の釘の目的で共通して言えることは接着剤による接合時の密着保持という点である。 初心者によくあるやりかたで、接着する際の圧着保持に無関心なやりかたや或いは数分程度手で押さえてやれば十分!というのは、接着剤の使い方を殆ど理解していないと思われ、とどのつまりは接着剤の接着力が低い!!と決め付けることもめずらしくない。

ここでは正しい接着剤の使い方について延々と解説するつもりはないが、接着剤の完全硬化までは圧着保持が必要なことはMUSTの事項として理解して欲しい。  さてその完全硬化に要する時間だが、木工ボンドの場合次の作業に移って接合部分に大きな付加を掛けない場合でも2時間から3時間、完全硬化には12時間必要だ。 エポキシ接着剤で5分硬化と表示してあるものは、同様に考えた時1時間と12時間。 60分硬化型では5-6時間と24時間と私は考えている。 エポキシ接着剤の硬化時間表示は誇大表示としか私は考えていない。  不完全な接着をメーカー自身で推奨しているようなものだ。

 ということで接着剤によって硬化時間は変わるが、この間接着した部分が開くことなく密着された状態を
 保たなければならない(密着保持と言う!)が、もうお分かりのように手で押さえて済む話ではない。
 そこでケースバイケースで密着保持を工夫したりそれようの道具を使うことになり、クランプやハタ金はそ
 の一例だ。  そして仮釘・隠し釘も使い捨ての密着保持の道具として用いられる。

 仮釘は太さが0.88mmという極めて細い釘で長さは30mmあり、緑色の柔らかなプラスチックに刺し込ま
 れている。 

一方の隠し釘は使用頻度の高い22mmタイプと36mmタイプでは太さが1.24mm、その上の45mmタイプでは太さが1.47mmと仮釘に対して一段と太くなっている。 これら隠し釘も柔らかいプラスチックに挿してあるが、仮釘と違って釘の頭から5mm下がった所に溝が切られてある。  この溝はプラスチックに隠れているので一見同じように見えるが、仮釘とは太さ以外で大きく違うところだ。(上の写真をクリックすると隠し釘に切られた溝が判ります。

さて以上の仮釘と隠し釘をどのように使い分けるかだが、次のような作業状況の違いにより判断すればよい。

仮釘

  保持力は隠し釘に比べると低く、細い分曲がりやすいので薄い板(9-10mm以下)と考えた方が良い。 隠し釘に比べた最大
  のメリットは釘穴が目立たないことだ。 接着剤完全硬化後は抜き取ってしまうから正に仮釘であり、締結力は接着剤にのみ
  依存する。

隠し釘

  隠し釘が仮釘より優れた点は使用後抜き取ることなく頭の5mmだけを折るため、その後も締結力を持ちつづける点にある。
  材料によって使う釘の長さを変えるが、22mm隠し釘の場合厚さ7-8mm以下、36mm隠し釘の場合厚さ15mm以下、
45mm隠し釘で20mm以下の厚さまでと考えた方が良いだろう。

  打ち込む際に頭に玄翁が垂直に当たらないと折れてしまうので、慎重な作業が肝心である。 それと接着剤が硬化してから
  頭の部分を玄翁で横からはらうように叩けば簡単に折れる。(知らないで使う方が打ち込んだ後直ぐに頭を折ってしまうのを見
  かけるが、それでは保持力が大幅に低下する。)

  隠し釘を打ち込んだ穴は仮釘よりも太いため目立つが、それでも通常の釘に比べれば遥かに目立たない。

といったところだが、標準的な作業の手順を以下の一連の写真で理解していただきたい。

 
隠し釘を打ち込む。 225g程度の軽めの玄翁が釘を曲げにくくベスト。 垂直に打ち込まないと頭を折りやすい!
ピンク色のプラスチック部分がほんの少しつぶれたかな? という辺りまで打ち込めばよい。 この後接着剤が完全硬化するまで寝かせる。
 
仮釘も打ち込む要領は同じだが、釘が細い分隠し釘より曲がりやすいから正確に玄翁が当たるようにする。 隠し釘と同様接着剤が完全硬化するまで寝かせる。
 仮釘を打ち込んだ後。 隠し釘と比べると仮釘のほうが頭が小さくプラスチックの中にめり込みやすいので注意!
 
隠し釘の頭の折り方。 玄翁で横から掃うように叩けばポロリと折れる。 こんな場合八角玄翁の方が頭が楕円の玄翁より正確に叩きやすい。
 折れた隠し釘の頭と打ち込んだ跡の様子。 無論折れた頭は捨てるだけだ。
こちらは仮釘の抜き方だ。 ここではラジオペンチと呼ばれる先の細いペンチを使っているが、ニッパーの方が釘の頭をくわえやすいかもしれない。 テコの原理を利用してこのような操作で少しずつ抜く。(いっぺんに抜こうとすると穴の周りを傷つけやすい。) またペンチの先で材料に傷を付けないよう、1mm程度の薄いプラスチックや金属板をあてがってやる。 間違っても釘抜きでは抜かないこと。 沢山の傷をつけてしまうだろう。
隠し釘を打ち込んだ穴(左)と仮釘を打ち込んだ穴(右)の比較。 隠し釘の穴は仮釘よりも大きくその中に折れた釘が残っているのが判る。 尚この写真の仮釘の穴はやや楕円状に延びているが、引き抜く時に穴の周りが広がったためであり、よいサンプルとは言えない。
隠し釘や仮釘を使用した圧着保持は、クランプを使用したのでは本数が沢山必要であるとか、部分部分での圧着に便利とか色々なシチュエーションで私は使っているが、代表的な例を以下からご覧になれるので参考にされたい。
   古新聞ストッカー隠し釘と仮釘両方使用した例。
   電話台隠し釘と仮釘両方使用した例。
   CDラック仮釘だけを使用した例。
   DVD/CD収納家具隠し釘で引き出し組み立て。(私の引出し作りの標準手法!)


Copyright (C)